忍者ブログ
きっと何でもあり



[247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼女の葬儀に行ってきました。
夜までずっと一緒にいてくれた4人、
来てくれてありがとうって言ってくれたゆうひちゃん、
大丈夫?って声かけたとき、笑ってくれたエリー、
泣いてる時手を繋いでくれた桜華ちゃん、
色紙とか、色々やってくれた甲斐嬢、
長い時間、悲しいのに潰されそうな私と電話しててくれた菜月、
本当にありがとうね。
最後に顔見れんかったらどうしようって思ってたのに、いざとなるとちゃんと見れる自信なくって、
そんなときにみんながいてくれて、ありがたかった。 


こんな時に不謹慎だけど、彼女がみんなを引き合わせてくれたようにも感じてた。
こういうことでみんなと久々に会えて、
当時のモヤモヤも消えてまた笑って向き合えるようになって、
そういうのがどれだけ悔しくて悲しいことなのか、
思い知った。
Yりちゃんのお母さんが、
「こんなことで会いたくないよな」って、おっしゃった。
思ってたこと、恐くて口に出せんかったこと、言ってくれて、
涙が止まらんかった。
大切な誰かがいなくなって、やっと気づくことがあるなんて、そんな寂しいことってない…。
どんなことがあっても、大切だと思える人たちと切れちゃいけんよな…
「いつでも会える」なんかじゃない。
ここの繋がりの関係は、みんな生きるのがへたくそだと私は思ってる。
私も含めて。
だからこそ、ちゃんとみんな向き合って、支えていけたらいいって思う。


まだまだ辛いし、頑張るとか言ってしばらく一人の時は放心すると思う。
頑張れん時があると思う。
でもやれることやろうと思います。
後悔だけはしちゃいけんと、後悔せんように生きんといけん。

生きてると、色んなことが当たり前になって、
大事なことも忘れていってしまうけど、一瞬一瞬の色んなことを逃したくないと思った。
例えばそれが、1人のじかんであっても、
誰かとワイワイする時間でも、ゆっくり静かに話をする時間でも。
生きてることも、みんなが私といてくれてることも、
そんな人たちの存在も、全部当たり前なんかじゃなくて、全部全部忘れたくない。



本当に悲しくて寂しいことだったけど、みんな、がんばろうね。
それでまた、会いにいこうね。


Aやん、私と友達になってくれて、本当にありがとうね。
友達が、彼女ならどこへでもあのマイペースっぷりでいける気がして、
笑顔で見送ったって言った。
泣いてばっかりだった私は、その言葉に凄く救われて、
いいなって、憧れる。
ホントそう、笑顔で見送らんとな。
ね、大好きよ^^* 
今はゆっくり眠ってね。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
アケノ
年齢:
30
HP:
性別:
女性
誕生日:
1987/04/25
職業:
美大4年生
自己紹介:
ザイナー。
趣味は絵を描くこと、歌うこと、音楽を聴くこと、雑貨。
デザインが好きです。
カウンター
忍者ブログ   [PR]